【あおり運転事件】宮崎容疑者を自室に匿った疑いで51歳会社員の女逮捕 茨城県警 ★4

ニュース差し替えました
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000162311.html

【速報】あおり運転事件 宮崎容疑者を自室に匿った疑いで51歳会社員の女逮捕 茨城県警

“あおり運転”男かくまった疑い 51歳女逮捕
[2019/08/18 22:37]

 茨城県の常磐道であおり運転の末に男性を殴ったとして指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が逮捕された事件で、茨城県警は18日午後、宮崎容疑者を自分の部屋にかくまったとして会社員の喜本奈津子容疑者(51)を逮捕しました。

https://www.asahi.com/articles/ASM8L63J2M8LUTIL02H.html

あおり殴打、同乗?の50代女を逮捕 犯人隠避の疑い
有料記事
2019年8月18日21時51分

 茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をした後に停車させて運転の男性会社員を殴りけがを負わせたとして住居、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は18日、あおり運転の際に同乗していたとみられる50代の女についても、犯人隠避の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 県警によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、前方を走っていた会社員男性(24)=茨城県阿見町=運転の乗用車をあおった後、前方に割り込み無理やり停車させた上で降車。男性に対して「降りてこいや。殺すぞ」などと怒鳴りつけ、運転席の窓から拳で男性の顔面を複数回殴打し、顔面などにけがを負わせた疑いがある。

 50代の女はこの際、宮崎容疑者の車に同乗していたとみられる。
 捜査関係者によると、押収した…
残り:149文字/全文:515文字

前スレ
【あおり運転】一緒にいた51歳の女を逮捕 ★3
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566135267/

【政府】「NHKと受信契約を結んだ人は受信料を支払う義務がある」「スクランブル化は困難」★53

政府は15日の閣議で、NHKの受信料をめぐる質問主意書に対し、NHKと受信契約を結んだ人は、受信料を支払う義務があるとする答弁書を決定しました。

NHKから国民を守る党の立花孝志党首が「NHKと受信契約を結ぶことは法律上の義務だが、受信料の支払いは義務ではない」などと述べていることについて、立憲民主党の中谷一馬衆議院議員は、質問主意書で政府の見解をただしました。

これを受けて政府は、15日の閣議で答弁書を決定しました。

この中で、政府は「放送法でNHKの放送を受信できる受信設備を設置した人は、NHKと受信契約を結ぶ義務があることを定めており、受信契約を結んだ人は、受信料を支払う義務がある」としています。

また、受信料を払っていない人への対応について、「政府としては受信料の公平負担の徹底に向けて未払い者対策を着実に実施することなどを求めており、こうした指摘を踏まえてNHKにおいて適切に対応すべきものと考えている」としています。

さらに、受信料を支払っている人だけがNHKの放送を見られるようにするスクランブル化について、「NHKが公共放送としての社会的使命を果たしていくことが困難になる」として、否定的な見解を示しています。

一方、今後の受信料負担の在り方については、「放送をめぐる環境変化や、国民・視聴者から十分な理解が得られるかといった観点も踏まえ、中長期的に検討すべき課題だ」としています。

2019年8月15日 11時41分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190815/k10012036151000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190815/K10012036151_1908151138_1908151141_01_02.jpg

★1)2019/08/15(木) 12:51:00.00
前スレ
【政府】「NHKと受信契約を結んだ人は受信料を支払う義務がある」「スクランブル化は困難」★52
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566127445/

【宮崎文夫】あおり男「逃げません!生野警察署に出頭させて」 捜査員「俺らの警察でも一緒やろ」 男「東住吉署は嫌なんです!」 ★7

※ソース内に動画あります

高速道路であおり運転をして、無理やり車を停止させたうえ、運転していた男性を殴るなどした疑いで公開手配されていた男が18日、大阪市内で逮捕された。

男の身柄確保の瞬間を、カメラが撮影していた。

宮崎容疑者「押さえつけるのはやめてください」、「逃げませんし、隠れません!」

大阪市東住吉区の路上で、携帯電話を手に大声で叫ぶ、サングラス姿の男。

あおり運転殴打事件で指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が、身柄を確保された際の様子。

宮崎容疑者「生野警察署に出頭させてください!」

捜査員「俺らの警察でも一緒やろ?」

宮崎容疑者「東住吉警察署には、非常に苦い思い出があるんで嫌なんです!」、「車の中に、こんなときに入りたくありません! 中で何されるかわからないから嫌なんです!」

別の警察署に、自ら出頭すると主張する宮崎容疑者。

しかし、捜査員は「今まで話来なかったんだから、そのままは信用できないから」と話した。

現場は、宮崎容疑者が所有しているマンションの近く。

宮崎容疑者は8月10日、あおり運転をして無理やり車を停車させたうえ、「殺すぞ」などと叫びながら、運転していた男性の顔を複数回殴り、けがをさせた傷害の疑いが持たれている。

18日はニットの帽子をかぶり、マスク姿だった宮崎容疑者。

宮崎容疑者「どこに行っても、お話ししますから。自分の言い分と相手さんの言い分も聞きますから」

当初は1人だったが、あおり運転の際に同乗していたとみられる女性が、宮崎容疑者に呼ばれ「やめてください!」、「自分から出頭するって言ってるのに、なんでそんなに押さえつけるの?」、「ひどすぎる!」と話した。

大きな声で、警察の対応を批判した。

しかし、捜査員は宮崎容疑者を警察車両へ。

女性についても、別の車に乗せ、東住吉警察署に向かった。

やりとりを見ていた近所の人は、「怖かった。めっちゃ反抗してたから。抵抗すごいしてた」と話した。

宮崎容疑者が逮捕されたことを受けて、被害者の男性が「捕まっていなかったので、報復が不安な部分もあり、すごく怖かったけれども、これで本当に安心できた。これをきっかけに、ほかにも被害に遭われた人がいたら、勇気を出して声を上げてほしいと思います」と、FNNにコメントを寄せた。

午後2時半すぎに、東住吉警察署を出た宮崎容疑者。

車で、茨城県に移送されている。

(関西テレビ)

2019年8月18日 日曜 午後6:02
https://www.fnn.jp/posts/00422584CX/201908181802_KTV_CX
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190818-00422584-fnn-000-thumb.jpg

関連スレ
【宮崎文夫】あおり男が激しく抵抗、緊迫の現場…手にはガラケー「暴れてないやろ」「絶対に生野署に連れてって!」★3
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566124143/

★1が立った時間 2019/08/18(日) 19:55:17.41
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566135050/

【あおり運転殴打】逮捕のガラケー女、交際あおり男を別部屋にかくまう

大阪市内で身柄を確保される前、捜査関係者とともめる宮崎文夫容疑者(撮影・佐藤勝亮)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190818-08181318-nksports-000-5-view.jpg

宮崎容疑者が大阪市東住吉区内の自宅と思われるマンション近くの路上で確保された際、容疑者と一緒にいた交際相手の喜本容疑者について、茨城県警は18日、宮崎容疑者を自宅マンションにかくまったとして、犯人隠避の疑いで逮捕した。茨城県警取手署へ移送する方針。宮崎容疑者とは別の留置先となる見通し。

捜査関係者によると大阪市の宮崎容疑者と同じマンションに別の部屋を持っており、そこで宮崎容疑者を匿っていた疑いがあるといい、容疑を認めているという。宮崎容疑者が逮捕された常磐道での傷害事件の際に車に同乗し、ガラケーで撮影していたことも認めているという。

県警は、同日午前、宮崎容疑者が現れた際に一緒にいた喜本容疑者が事件と何らかの関係がある可能性があるとみて、大阪府警東住吉署に同行した上で任意聴取していた。宮崎容疑者の傷害容疑のほう助容疑などがかかる可能性もある。【佐藤成】

8/18(日) 23:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-08181318-nksports-soci

【煽り運転デマ】#笹原えりな 「5ちゃんねるやTwitter・まとめサイトでデマ飛ばした人には法的措置を取ります」★7

令和元年8月18日
インテグラル法律事務所所属
いろコミュ株式会社、笹原えりな代理人弁護士 小沢一仁

当職は、いろコミュ株式会社(以下「当社」といいます。)及び当社代表者笹原えりな(以下「笹原」といいます。)の代理人として、近時報道されている、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件(以下「本件事件」といいます。)に関する情報に触れた皆様方に対し、以下のとおり告知します。

さて、本件事件につきましては令和元年8月16日、所轄警察署が、被害者に対しあおり運転ないし暴行をした男性(以下「男性被疑者」といいます。)に対する逮捕状を請求したとの報道がされました。また、その後指名手配もされたことから、男性被疑者の氏名も公表されました。その際、男性被疑者とともに車に同乗していた女性(以下「女性被疑者」といいます。)については、一部で逮捕状が請求されたとの報道はありましたが、指名手配はされず、氏名の公表もされなかったことから、インターネット上で女性被疑者が誰かにつき大きな関心が持たれました。

すると、翌同月17日の早朝までの間に、匿名掲示板「5ちゃんねる」やSNSサイト「Twitter」などにおいて、同乗していた女性が笹原であるとの情報が公開され、これが直ちにインターネット上で広まりました。その結果、一時は笹原の氏名がTwitterのトレンドに表示されるなどしました。

しかしながら、当該情報は全く事実無根のものです。笹原は同月17日午前に、知人から本件事件に関するまとめサイトの存在を知らされるなどして女性被疑者として自身の名前が挙がっていることを知りましたが、心当たりが全くなく、なぜこのような状況に陥っているのか理解できず、現在においても強く困惑しています。

また、同月17日午前から、当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができず、無用な電話がかかってくることを防止するために当社ホームページの一部を非公開にせざるを得なくなるなどの業務上の支障が生じています。

そして、当該情報は当社及び笹原の名誉権を著しく侵害するものです。なお、女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。)も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。

以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています。

全文
https://irocommu.com/2019/08/18/news/

★1が立った時間 2019/08/18(日) 09:22:04.65
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566119406/

【歴史】アンネ・フランクを密告したのは誰なのか なぜナチス・ドイツに見つかった? 今も続く調査

オランダ、アムステルダムにある父親所有の倉庫に、2年以上隠れ住んでいたアンネ・フランクほか8人は、1944年8月4日、ナチスドイツとオランダ当局によって発見された。誰が、あるいは何が原因で、彼らの居場所が露呈したのか。75年たった今も、調査は続けられている。

 現在、歴史家やデータサイエンティスト、さらには未解決事件を扱う法医学者のチームまでが、新たなテクノロジーを駆使して、密告者を特定するための調査を進めている。一方で、フランクが発見されたのは偶然だったのではないかとする意見もある。

『アンネの日記』として知られる、アンネ・フランクが13歳から15歳までつけていた日記は、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人の大量虐殺)にまつわる文章としては最も広く読まれている。オランダの人々にとっては、ごく普通の市民が命を賭して困っている人たちを助けるこの物語は、占領下のオランダを描いた最も卓越した作品なのである。

しかし、アンネが書いた物語には、オランダがナチスドイツと結んでいた共謀的な関係については触れられていない。オランダ系ユダヤ人は、そのうち8割が大戦中に殺されており、この割合はポーランドについで2番目に高い。
「オランダは英雄的行為を自分たちの誇りとしてきました」と語るのは、アムステルダムにあるユダヤ歴史博物館とユダヤ人文化地区の最高責任者、エミール・スフレイヴェル氏だ。「自分たちが何より加害者であり、傍観者であることを受け入れるのには、まるまる一世代かかりました」

 長い年月の間に、30人以上の人々が、アンネとその友人や家族を裏切ったのではないかとの疑いをかけられてきた。

そうした人物のひとりが、フランク一家の隠れ家の下の階で働いていた、好奇心旺盛な倉庫の従業員ヴィレム・ヘラルドゥス・ファン・マーレンだ。彼が犯人だったのかどうかを明らかにするために、1947年、そして1963年にも調査が行われたがファン・マーレンは、自分は密告者ではないとの主張を変えず、証拠もなかったことから、罪に問われることはなかった。

 また別の容疑者、レナ・ハルトグ=ファン・ブラデレンは、倉庫の害虫管理を手伝っていた。彼女の場合は、倉庫に誰かが隠れているのではないかと疑いを持つようになった後で、危険な噂を流し始めたと言われているが、後年に本人がインタビューで語った内容からは、家宅捜索よりも前の時点で、彼女が倉庫に人が隠れていると知っていたかどうかは判然としない。

容疑者のリストはさらに続くが、ある人物が関与していたのか、それともしていなかったのかを証明するものは何もない。アムステルダムにある「アンネ・フランクの家」の主任研究員、ヘルトヤン・ブルック氏は、密告者を探すことが、本当に何が起こったのかを理解するうえでの妨げとなる可能性を懸念している。「『誰がアンネ・フランクを裏切ったのか』と問うことによって、視野が狭くなってしまうのです。このやり方では、他の選択肢を除外することになります」と彼は言う。

 ブルック氏は、フランク一家はそもそも裏切られてはおらず、彼らが発見されたのは偶然だったのかもしれないと考えている。この件について、氏は2年間にわたる調査を行っており、その結果、隠れ家にいた人たちは、不正な配給券をめぐる捜査の過程で見つかった可能性があると考えるに至った。

 逮捕当日に起こったこととして証明されている数少ない事実を総合的に考えると、それらは氏の主張を裏付けている。ひとつ目の事実は、ドイツとオランダの当局者が到着した時点では、隠れている人々を護送する手段が用意されていなかったことだ。そのため、彼らは急遽、その場で車を手配しなければならなかった。

ふたつ目の事実は、家宅捜索に来たことがわかっている3人の役人のうちの1人が、配給券関連の犯罪の捜査をする部隊に配属されていたこと。そして最後の事実は、フランク一家らに闇市場の配給券を提供していたふたりの男は逮捕されていたが、彼らに対する訴えのうち1件は棄却されていることだ。このふたりのうちのひとりが、取引をしたとも考えられる。とくに、配給券を監督する警官がアンネ・フランクの家宅捜索にも加わっていたことを考えると、その可能性は高い。

 この理論は一見、つじつまがあっているように思えるが、ブルック氏にはこれを証明することはできない。「残念ですが、結局のところ明確な証拠はないのです。それでも、小さな事実を重ねていけば、何が可能だったかという範囲は狭まっていきます。調査の目的は、主にそこにあるのです」

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080600461/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080600461/

【沖縄】横田オスプレイが嘉手納基地飛来 7月に続き5度目、運用が常態化

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-973689.html

横田オスプレイが嘉手納基地飛来 7月に続き5度目、運用が常態化

2019年08月18日 10:12

 【嘉手納】米軍横田基地に配備されているCV22オスプレイ3機が17日午後、米軍嘉手納基地に飛来した。7月に続き5度目。CV22は2018年6月に初めて嘉手納基地に飛来して以降、同基地での運用が常態化している。

 これまでにも県や、沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」(三連協)などが再三、同基地への飛来に抗議しており、地域住民の訴えを無視した運用に反発の声が上がるのは必至だ。

 CV22は午後2時45分ごろから4時45分までに順次着陸した。同基地を拠点とする米空軍第353特殊作戦群が定期的な訓練実施を明言しているのに対し、周辺自治体は基地負担の増加や事故への懸念から、CV22の同基地での運用中止と配備撤回を一貫して求めている。飛来の目的を問う本紙の取材に対し、米軍からの回答は同日なかった。

米軍嘉手納基地に飛来したCV22オスプレイ=17日午後3時過ぎ、嘉手納町
https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201908/5b432ad77a86f424bfbbbdcf4d9b338d.jpg

【古生物】絶滅動物サーベルタイガー、「草原のハンター」ではなかった驚きの暮らしが歯の化石から判明

■ライオンのような「草原のハンター」ではなかった、歯の化石から判明

1万年ほど前に絶滅したサーベルタイガーの一種スミロドン・ファタリス(Smilodon fatalis)は、現在の米国西部地方に君臨する捕食動物だった。カリフォルニア州にあるラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)からは、化石化したスミロドンがこれまでに3000体以上採集されており、これを調査する研究者らは長年の間、スミロドンはライオンのようなタイプのハンターで、広い草原でバイソンやウマを追いかけていたと考えていた。

 ところが、ラ・ブレアで採集された大量の歯の分析から、体重270キロ、犬歯の長さ18センチにもなるこの猛獣の、通説とは大きく違う姿が明らかになった。

「サーベルタイガーといえば、バイソンを倒す典型的なイメージがありますが、実際には何の裏付けもありません」と、研究を主導した米ヴァンダービルト大学の古生物学者、ラリサ・デサンティス氏は言う。先日、学術誌「Current Biology」に掲載された論文では、実際のスミロドンが森で暮らし、シカのような草食動物を餌としていた証拠が示されている。

「スミロドンは草原のウマやバイソンではなく、森でバクやシカを狩っていたようです」

 デサンティス氏のチームの包括的な研究では、コヨーテやハイイロオオカミのような小型の捕食者が現代まで生き延びた一方で、サーベルタイガーやダイアウルフ(大型のイヌ科動物)、アメリカライオン(ホラアナライオンの仲間)などの大型の捕食者たちが1万〜1万2000年前に、どうして絶滅してしまったのか、その理由を説明する手がかりを提示している。

 鍵となったのは、メガテリウムやマンモス、マストドンといった、北米の大型草食動物たちが姿を消した後で、獲物の変化に柔軟に対応できたかどうかという点だった。過去の研究では、コヨーテは大型草食動物の絶滅後、体が20パーセント小型化し、歯の形も現実の変化に合わせるなど、「ライフスタイル」を大きく変えたことがわかっている。

「大型捕食者や、その餌となる動物が絶滅するとき、小型の捕食者のほうは体を小さくし、さらに食べるものを根本から変え、腐肉や植物をあさるようになっていきました。こうして、現在私たちが知る適応力のある動物となったのです」とデサンティス氏は言う。

■歯の調査

 科学者らは、サーベルタイガーの犬歯を中心に、ラ・ブレアで採集した、アメリカライオン、ダイアウルフ、クーガー、コヨーテ、ハイイロオオカミ、草食動物の化石化した歯を700個以上調べている。研究チームが着目したのは、その動物が何を食べていたかの手がかりとなる歯の摩耗パターンと、歯のエナメル質に残った2つの炭素同位体の割合だった。

 森の中と開けた環境の中では、2種類の炭素の同位体が異なる速度で植物に蓄積する。草食動物を調べれば、その動物が好む生息地の手がかりが得られる。さらに、草食動物の体に残った同位体は、彼らを捕食した肉食動物の体内へと移る。つまり、肉食動物の化石を調べれば、森に生息する草食動物を食べていたのか、もっと開けた草原の獲物を食べていたのかがわかるのだ。

 過去の研究では、ラ・ブレアで採集されたサーベルタイガーなど捕食者の骨に見つかるコラーゲン(タンパク質)中の炭素や窒素の同位体の割合を着目したものだった。これらの研究はいずれも、スミロドン、ダイアウルフ、アメリカライオンなどの大型の捕食動物は、草原で狩りをしていた可能性が高いことを示していた。
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080700463/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080700463/

【ロシア】Tu-160ブラックジャック、ユーラシア大陸を無給油で横断

https://flyteam.jp/news/article/114017

Tu-160ブラックジャック、ユーラシア大陸を無給油で横断

配信日:2019/08/18 20:55
ニュースカテゴリー: サービス

ロシア国防省は2019年8月14日(水)、ロシア航空宇宙軍のTu-160ブラックジャック可変翼戦略爆撃機2機が、ロシア西部サラトフのエンリゲス基地からアメリカとの国境近くのアナディリ空港へ演習の一環で無給油飛行したと発表しました。移動距離約6,000キロメートルを8時間以上かけて飛行しました。

帰路はTu-160、2機がアナディリ空港から東シベリア、北極海、カラ海を空中給油を受けながら移動距離8,000キロを飛行してエンリゲス基地に戻りました。この演習にはTu-160、Tu-95MS、Il-78など約10機の航空機が参加しました。

Tu-160は1981年に初飛行した戦略爆撃機としては比較的新しい航空機です。全長は54.1メートル、全幅は最大で57.7メートル、最大速度はマッハ2、航続距離12,300キロメートルです。2015年11月にシリアのアサド政権を支援するため、初めて実戦投入し、巡航ミサイル攻撃を行いました。

Tu-160の生産数は35機と言われていますが、ソ連崩壊時にウクライナに残った19機のうち8機はロシアに売却されましたが、残りは解体処分、または退役しています。ロシアは2023年から、50機を再生産すると言われています。

https://freighter.flyteam.jp/newsphoto/29568/src.jpg

【あおり殴打】50代女の逮捕状請求へ 犯人隠避の疑い 宮崎容疑者の車に同乗か ★3

茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をした後に停車させて運転の男性会社員を殴りけがを負わせたとして住居、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警はあおり運転の際に同乗していたとみられる50代の女についても、犯人隠避の疑いで逮捕状を請求する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

県警によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、前方を走っていた会社員男性(24)=茨城県阿見町=運転の乗用車をあおった後、前方に割り込み無理やり停車させた上で降車。男性に対して「降りてこいや。殺すぞ」などと怒鳴りつけ、運転席の窓から拳で男性の顔面を複数回殴打し、顔面などにけがを負わせた疑いがある。

50代の女はこの際、宮崎容疑者の車に同乗していたとみられる。

捜査関係者によると、押収した…残り:149文字/全文:521文字

2019年8月18日18時59分
https://www.asahi.com/articles/ASM8L63J2M8LUTIL02H.html

犯人隠避容疑で50代女の逮捕状請求の方針 茨城県警
https://news.headlines.auone.jp/stories/movie/news/12638035?genreid=8&subgenreid=21&articleid=12638035&cpid=10130007
https://i.ytimg.com/vi/kK7kVLPhrIU/hqdefault.jpg

★1が立った時間 2019/08/18(日) 19:19:48.82
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566128425/