【MMT】財政赤字容認の「現代貨幣理論」 なぜ主流派がムキになって叩くのか? 暴露された主流派の「不都合な事実」★2

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!
LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
↓友だち追加してね↓
友だち追加

※週末の政治
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190426-00200555-diamond-000-2-view.jpg

●暴露された主流派の「不都合な事実」

 その理由は、MMTが、主流派経済学者や政策当局が無視し得ない「不都合な事実」を暴露したからである。

 もう一度言おう。MMTが突きつけたのは、「理論」や「イデオロギー」ではない。単なる「事実」である。

 例えば、MMTの支持者が主張する「自国通貨建て国債は、デフォルト(返済不履行)にはなり得ない」というのは、まぎれもない「事実」である。

 通貨を発行できる政府が、その自国通貨を返せなくなることなど、論理的にあり得ないのだ。

 実際、「自国通貨建て国債を発行する政府が、返済の意思があるのに財政破綻した」などという例は、存在しない。財政破綻の例は、いずれも自国通貨建てではない国債に関するものだ。

 実は、MMT批判者たちもこの「事実」を否定してはいない。その代わりに、彼らは、次のいずれかの批判を行っている。

 批判(1)「財政規律が緩むと、財政赤字が野放図に拡大し、インフレを高進させてしまう」
 批判(2)「財政赤字の拡大は、いずれ民間貯蓄の不足を招き、金利を高騰させる」

 MMTに対する批判は、ほぼ、この2つに収斂している。

 では、それぞれについて、その批判の妥当性を検討してみよう。この検討を通じてMMTが指摘した「不都合な事実」とは何かが明らかになるだろう。

※省略

 実際、MMTを批判する主流派経済学者の中でも、ポール・クルーグマンや、ローレンス・サマーズ 、あるいはクリスチーヌ・ラガルドIMF専務理事らは、デフレや低インフレ下での財政赤字の拡大の有効性を認めている。 

 ところが、より強硬なMMT批判者は、「歳出削減や増税は政治的に難しい。だから、いったん財政規律が緩み、財政赤字の拡大が始まったら、インフレは止められない」などと主張している。

 しかし、これこそ、極論・暴論の類いだ。

※省略

●超インフレ、金利高騰は起きず 主流派経済学の「権威」脅かす

 このように、MMTは、実は、特殊な理論やイデオロギーではなく、誰でも受け入れ可能な単なる「事実」を指摘しているのにすぎないのである。

 だが、その「事実」こそが、主流派経済学者や政策当局にとっては、この上なく、不都合なのだ。

 例えば、「インフレが行き過ぎない限り、財政赤字の拡大は心配ない」というのが「事実」ならば、これまで、主流派経済学者や政策当局は、なぜインフレでもないのに財政支出の拡大に反対してきたのだろうか。

 防災対策や貧困対策、少子高齢化対策、地方活性化、教育、環境対策など、国民が必要とする財政支出はいくらでもあった。にもかかわらず、主流派経済学者や政策当局は、財政問題を理由に、そうした財政支出を渋り、国民に忍耐と困苦を強いてきたのである。

 それなのに、今さら「インフレが行き過ぎない限り、財政赤字の拡大は心配ない」という「事実」を認めることなど、とてもできないということだろう。

 さらに、「財政赤字は民間貯蓄で賄われているのではない」という「事実」を知らなかったというのであれば、「貸し出しが預金を創造する」という信用創造の基本すら分かっていなかったことがバレてしまう。

 主流派経済学者や政策当局にとって、これほど不都合なこともない。彼らのメンツに関わる深刻な事態である。

 というわけで、主流派経済学者や政策当局が、よってたかってMMTをムキになって叩いている理由が、これで明らかになっただろう。

 その昔、ガリレオが宗教裁判にかけられたのは、彼が実証した地動説が教会の権威を揺るがしたからである。

 それと同じように、MMTが攻撃にさらされているのは、MMTが示した「事実」が主流派経済学者や政策当局の権威を脅かしているからなのだ。(評論家 中野剛志)

4/26(金) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00200555-diamond-bus_all
★1:2019/04/27(土) 20:07:08.24
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556363228/

2ch.sc@ニュース速報+ | ログ速

【MMT】財政赤字容認の「現代貨幣理論」 なぜ主流派がムキになって叩くのか? 暴露された主流派の「不都合な事実」★2  に関するツイート

skyred skyred

8 時間

この軽い文体、誰かと思ったら中野さん本人かよw 消費増税も吹っ飛ばす破壊力。「」(現代貨幣理論)の正体(BEST TIMES) – Yahoo!ニュース

Zunda Zunda

4 時間

中野さん、きれっきれだな。yahooのときはこんな文体なのか。心なしか中野さん記述の記事がふえた。まあ、 によって財政破綻の嘘話が朝日にせよ日経にせよ、満足いく形ではないものの説としてあることが広められていることを思えば福沢諭吉のいった外刺の価値がよくわかるね・・・。

ものぽーる ものぽーる

4 時間

「財政赤字は心配するな」などというが正しかった、なんて話になったら、消費増税は、ぶっ飛びます。それどころか、これまで二十年以上にもわたって、財政危機を騒いできたのは、いったい何だったのかという話になって、大変なことになります。(中野剛志) 財務省↓

はむっち提督@呉鎮守府 はむっち提督@呉鎮守府

11 時間

政府が金出せばよいのだ。研究者の皆さんはを支持するべきなのだ

ときわ総合サービス研究所 ときわ総合サービス研究所

24 時間

をdisっているけど「増税をすると将来不安が消えて消費が増える」っていうのもトンデモ経済理論なんじゃないの?朝日新聞にその手の話が何度も載ってるのをみかけたよw トンデモ経済理論の本家は日本 日銀総裁は迷惑顔だが…

takeshi KIMURA takeshi KIMURA

6 時間

お、やっぱ始まったなw 財務省 vs (現代貨幣理論) 「財政赤字で国が破綻することはない」。その学説の「成功例」として日本が名指しされ、財務省が神経をとがらせています。

wankonyankoricky wankonyankoricky

7 時間

の本家が日本だ、日本はの実験場だ、というのであれば、国債がどうのこうのより、金融業でも何でもない中小企業が発行している紙の手形が支払い手段として流通して決済に使われており、それ自体の決済もされていてそれほど大きな混乱がない、というところではないか、と。。。。

はむっち提督@呉鎮守府 はむっち提督@呉鎮守府

4月25日

書評かいてみた。最近になってに関心をもって人におすすめだ。 中野剛志『奇跡の経済教室基礎知識編』|はむっち提督@呉鎮守府 @bosuzaru36|note(ノート)

藤巻 健史(経済評論家・参議院議員) 藤巻 健史(経済評論家・参議院議員)

4月25日

一昨日は米紙「ニューヨークタイムズ紙」の取材。主としてについてで「幻想を抱くな」と申しあげた。、統合政府論、日本の純負債は少ない論などのリフレ派を完全否定した4月17日財務省資料を記者が持参したことだ。世界的に注目の資料となったようだ。資料は↓

J.S.エコハ J.S.エコハ

12 時間

物理系の頭の良い人が、リフレやのようなとんでもにコロッと騙されるのはなんでだろう?

KF KF

4月24日

なんちゃってを引用するのは辞めましょう。

みたに英弘 自民党 神奈川8区/横浜市青葉・緑・都筑区 みたに英弘 自民党 神奈川8区/横浜市青葉・緑・都筑区

16 時間

今日本が採用している積極財政と親和性があるように見えるが、はさすがに極端な意見。日本を実験場にするべきではない。 ビジネス特集 お金がないなら刷ればいい!? | NHKニュース

あんどう裕(ひろし)衆議院議員 あんどう裕(ひろし)衆議院議員

5 時間

これは読みやすくてとても分かりやすい解説。さすがです。(現代貨幣理論)とは、ただ「自国通貨建ての国債はデフォルトしない」「財政支出を拡大するとインフレになる」という「事実」を指摘しているだけなのです。 詳しくは本文をお読みください。

liberalist liberalist

7 時間

山本太郎議員が安藤裕議員が紹介したの記事をリツイートしている!

ものぽーる ものぽーる

3 時間

経済政策における無邪気で致命的な7つの嘘(ウォーレン・モズラー) に興味のある方は、ウォーレン・モズラーも知っておくべき。以下の「7つの嘘」は、マスコミ報道でもよく見かけると思います。

ものぽーる ものぽーる

3 時間

だいたい、「デフレ時に消費増税をやっても問題ない」なんて経済理論、どこにあるんですか? をトンデモ呼ばわりした原真人さん、教えてください。(中野剛志)

シェイブテイル シェイブテイル

7 時間

賛成・反対は一旦おくとして、これ読んで意味がわからない人っている? 消費増税も吹っ飛ばす破壊力。「」(現代貨幣理論)の正体(BEST TIMES) –

KF KF

4月24日

MMTは日銀が買い取れば政府債務がネットで0なんて言いませんよ。 内容を見る限りそのblog主もをよく解ってない人ですね。

あんどう裕(ひろし)衆議院議員 あんどう裕(ひろし)衆議院議員

15 時間

「財政赤字で国が破綻することはない」。「財政規律が緩み、極めて危険だ」。=現代貨幣理論をめぐって、賛否両論が飛び交っているのです。財政赤字の拡大を容認するこの理論に神経をとがらせているのが、財務省です。日本が、“成功例”とされているからなんです。(続く)

あんどう裕(ひろし)衆議院議員 あんどう裕(ひろし)衆議院議員

4月25日

(ModernMonetaryTheory現代貨幣理論または現代金融理論)。下記の記事、読み比べてください。 はいわゆるリフレ派に過ぎないのか。それとも主流派経済学にとって不都合な「単なる事実」を指摘したので執拗に「トンデモ理論」として叩かれているのか。 まずはこちら。

おすすめ記事一覧


おすすめ情報

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!

LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
友だち追加でお知らせなど
お得な情報を受け取ることができます。
みんな友だちになってね♪

友だち追加は、下記のURLのからどうぞ!!
友だち追加
友だち追加

ビットコイン寄付のお願い

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.