【公電流出】米のイラン核合意離脱はオバマ氏への嫌がらせ、前駐米英大使 英紙が流出公電第2弾を公開

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!
LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
↓友だち追加してね↓
友だち追加

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000018-jij_afp-int
 英大衆紙メール・オン・サンデー(Mail on Sunday)は13日、駐米英大使の流出公電の第2弾を公開した。
同紙によると、この件で辞任したキム・ダロック(Kim Darroch)前駐米英大使は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が
イラン核合意から離脱した理由として、バラク・オバマ(Barack Obama)前米大統領が手掛けた合意だからだと考えていたことが明らかになった。
ダロック前駐米英大使は2018年5月、公電の中で
「米政権はイデオロギー的理由、そしてそれ(イラン核合意)がオバマ氏の合意だという理由から、外交的破壊行為に踏み切ろうとしている」と述べていた。

 2018年5月、核合意からの離脱を思いとどまるようトランプ氏を説得するため、当時英外相だったボリス・ジョンソン(Boris Johnson)氏が米首都ワシントンを訪問した。
その後送った公電の中でダロック氏は、核合意離脱をめぐってトランプ政権内に分裂が生じているようだと指摘し、ホワイトハウス(White House)には
長期戦略が欠けていると批判。

さらに、マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官はジョンソン氏との会談中、一貫して「大統領の決定」という表現を使い、
イラン核合意の離脱から微妙に距離を置いていたと記していた。
同紙は、ダロック氏のメモにあった内容として、ポンペオ氏は核合意を修正することでトランプ氏を納得させようとしたが、失敗したともほのめかしていたと報じた。

 メール・オン・サンデーは7日、流出公電の第1弾を公開していた。ダロック氏は10日、辞任した。
一方、英紙サンデー・タイムズ(Sunday Times)は、英政府は公電流出について調査し、関与していた公務員1人を特定したと報じた。
対外情報部「MI6」と、政府通信本部(GCHQ)傘下の国家サイバーセキュリティー・センター(National Cyber Security Centre)も参加した調査で、
英外務省の過去のファイルにアクセスした人物を突き止めたという。

2ch.sc@ニュース速報+ | ログ速

【公電流出】米のイラン核合意離脱はオバマ氏への嫌がらせ、前駐米英大使 英紙が流出公電第2弾を公開  に関するツイート

話題のニュース 有福屋 有福屋

6 時間

米のイラン核合意離脱はオバマ氏への嫌がらせ、前駐米英大使 流出公電第2弾 まあ、その通りなのでしょう。トランプ支持者の米国民には、どうでもいい事なんでしょうがね。

NEWS速報JAPAN&地震速報 NEWS速報JAPAN&地震速報

1 時間

////////// 元駐米英大使の流出源が特定か=タイムズ (Sputnik) 英紙サンデー・タイムズは政府筋への取材を基に報じるところ、キム・ダロック前駐米英大使の機密流出について、スコットランドヤードと英情報機関は「歴史ファイルに…

fj197099 fj197099

4 時間

「トランプ政権はイラン核合意離脱後の戦略がない」駐米英国大使のスクープ第2弾()…一点だけ。スクープを「公益のため」と強弁する向きはあろうが、結果として英国は米国の実情について嘘偽りのない報告をする有能な駐米大使を失った。公益のためにならなかった。

あらあらうふふ あらあらうふふ

12 分

漏洩ネタ煽りて、米英離間したい奴がいるんやろ。

Terra生まれの12さん Terra生まれの12さん

7 時間

漏洩で辞任に追い込まれたダロック駐米英大使のメモが新たにリークされた。トランプのイラン核合意離脱はオバマ否定によるものと指摘。考えるべきは、誰が、何のために、何故この時期に、やメールやメモを英デイリーメールにリークしたか。

Sputnik 日本 Sputnik 日本

1 時間

元駐米英大使の流出源が特定か=タイムズ

小橋川 秀一 小橋川 秀一

6 時間

イギリス流出 第2弾公開

y,yamanaka y,yamanaka

7 時間

米のイラン核合意離脱はオバマ氏への嫌がらせ、前駐米英大使 流出第2弾 キム・ダロックの評価は正しい 無能なトランプはオバマの成果を消したいのだ 更にはユダヤ寄りの姿勢もあり 中東の安定を壊して迄イランと対峙している 「気のいい馬鹿な米国人」は判断すべき時

BARANEKO BARANEKO

6 時間

返信先: @BARANEKO0409
続き 関連 トランプを「無能」と報告した機密が報じられ、駐米英国大使が辞任した問題で、英国の警察が「機密を報じれば刑事事件になりうる」と警告。 これに対し、報道の自由を脅かすと英メディア側が猛反発し、政治家からも同調する声が相次いでいる。 朝日

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

7月10日

英の駐米大使が辞任 トランプ氏批判ので外交問題化

だるま だるま

7 時間

トランプは色々やってはいるが、 結局オバマ以上の結果は残せない 様な気がする🍒 【AFP=時事】  ダロック前駐米英大使は2018年5月、の中で「米政権はイデオロギー的理由、そしてそれ(イラン核合意)がオバマ氏の合意だという理由から、外交的破壊行為に踏み切ろうとしている」と述べていた。

朝日新聞(asahi shimbun) 朝日新聞(asahi shimbun)

7 時間

「無能」報道で訴追も 英警察警告にメディア猛反発

Yahoo!ニュース Yahoo!ニュース

8 時間

【イギリス流出 第2弾公開】 英大衆紙は、駐米英大使の流出の第2弾を公開した。トランプ大統領がイラン核合意から離脱した理由はオバマ前米大統領が手掛けた合意だからだと考えていたことが明らかに。

安保 隆II 安保 隆II

7月11日

TPPは、日本と韓国を長期的に潰す為に行う。米国をウィキリークスが暴露。TPPよりもっと大きな規模で日本から搾り取ろうというのが日米FTA。

まとめて国際NEWS まとめて国際NEWS

7月10日

ロイター/ 英政府、極秘漏えい調査で警察と協力=首相報道官 INT

ロイター ワールド ロイター ワールド

7月12日

ロンドン警視庁、英文書漏えい巡り調査開始

AkiF AkiF

6 時間

AFPBB News 米のイラン核合意離脱はオバマ氏への嫌がらせ、前駐米英大使 流出第2弾 そう考えている人は少なくないだろう。

NEWS速報JAPAN&地震速報 NEWS速報JAPAN&地震速報

17 時間

////////// 「無能」報道で訴追も 英警察、自由権侵害と批判

Gnews Gnews

6 時間

「トランプ政権はイラン核合意離脱後の戦略がない」駐米英国大使のスクープ第2弾 超タカ派は攻撃主張(木村正人) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース トランプ米大統領を激怒させた英国の外交第2弾が14日、英大衆日曜紙メール・オン・サンデーにスクープされました…

nocovertwar nocovertwar

7月10日

【大拡散希望】「TPPは日本と韓国を長期的に潰す為に行う。米国をウィキリークスが暴露 」➡そのTPPより手ごわいのが日米FTA。選挙後中身が発表されちゃうんですけど・・官僚は水面下交渉をやめろ!   明日12金18時外務省前⇒財⇒経(⇒農)30分ずつ  !市民連合


おすすめ記事一覧


おすすめ情報

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!

LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
友だち追加でお知らせなど
お得な情報を受け取ることができます。
みんな友だちになってね♪

友だち追加は、下記のURLのからどうぞ!!
友だち追加
友だち追加

ビットコイン寄付のお願い

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.