【大麻合法化】嗜好用大麻、合法化で鎮痛剤関連の死者20%減 米研究 トランプ大統領はオピオイド・クライシスを国家非常事態宣言

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!
LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
↓友だち追加してね↓
友だち追加

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000036-jij_afp-int
 米国で嗜好(しこう)用マリフアナ(大麻)を合法化した州では、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取に関連する死者数が
20%を超えて減少しているとの研究結果が7日、発表された。
大麻業界にとっては歓迎できる研究結果となった。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国では2017年、オピオイド過剰摂取による死者は4万7600人に上った。
ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は同年、「オピオイド・クライシス(鎮痛剤危機)」を国家の非常事態と宣言した。

 その一方で、大麻の法的地位はこの20年間で大きく変化した。
現在、10州と首都ワシントンで娯楽目的での使用が許可されており、来年1月にはイリノイ州がこれに続く見込みだ。
また、医療大麻による治療は34州と首都ワシントンで認められている。

 学術誌「エコノミック・インクワイアリー(Economic Inquiry)」に掲載された最新の論文の執筆者らは、過剰摂取による死亡率を合法化の実施前と実施後、
さらには合法化のさまざまな段階にある州の間で比較することにより、死亡率の低下において
「今回の研究で特定した因果効果が極めて確固としたもの」と考えられることを明らかにした。

 計量経済分析の結果、低下の割合は20~35%の範囲で、因果効果が特に顕著なのはフェンタニルなどの合成オピオイドに起因する死であることが分かった。
最新の公式データによると、米国で最も死につながる恐れの高い薬物がフェンタニルなのだという。

 論文の筆頭執筆者で、米マサチューセッツ大学アマースト校(University of Massachusetts Amherst)の経済学者のネイサン・チャン(Nathan Chan)氏は、
AFPの取材に対し
「周知の通り、オピオイドのまん延は近年、急激に拡大している」
「これが意味することは、誰にでも影響は及ぶが、合法化した州では合法化していない州ほど悪影響を受けないということだ」と語った。

※続きはソースで

2ch.sc@ニュース速報+ | ログ速

【大麻合法化】嗜好用大麻、合法化で鎮痛剤関連の死者20%減 米研究 トランプ大統領はオピオイド・クライシスを国家非常事態宣言  に関するツイート

>

>

>

Kizuna Saki ← (≧▽≦) | 🏳️‍🌈🇹🇼 Kizuna Saki ← (≧▽≦) | 🏳️‍🌈🇹🇼

8月6日

历史原因对大麻管制较松的,许多发达国家近年随着时间正在逐步地实现大麻合法化,这样的一种发展方向还是很确定的。 而大麻的危害性和价值,和它所受到的严格限制是否匹配,其实不需要时间来证明。它的危害性和它所受到的严格限制不匹配。这是医学界的共识。 而且也不需要加拿大的合法化使得认同

>

>

Arkua233 Arkua233

8月6日

我的立场是应该谨慎考虑大麻的合法化而不能盲目乐观,既然已经有别的国家先一步试验,我们应该观察一阵子再做决定(可以是2-5年)。 而现在看来不合法实际上不是非常重要的事情,就像推主所说的,是一种促进社会立法自由公正的象征,我们完全可以等待一段时间。

>

>

おすすめ記事一覧


おすすめ情報

LINE@友だち追加でお得な情報をゲット!!

LINE@のアカウントができましたo(≧▽≦)o
友だち追加でお知らせなど
お得な情報を受け取ることができます。
みんな友だちになってね♪

友だち追加は、下記のURLのからどうぞ!!
友だち追加
友だち追加

ビットコイン寄付のお願い

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.