「花咲き誇る時代に」=安倍首相主催の「桜を見る会」 約1万8200人が出席[04/13]

週末政治

 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が13日午前、東京都新宿区の新宿御苑で開かれた。八重桜が咲く中、首相は天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位にちなんだ「平成を 名残惜しむか 八重桜」「新しき 御代(みよ)ことほぎて 八重桜」という俳句を披露。令和の時代を「一人ひとりの花がそれぞれ咲き誇る時代にしたい」と語った。

 首相はまた、桜田義孝前五輪担当相の辞任など相次いだ政権の失態を念頭に「後半国会も、しっかりと身を引き締めて臨んでいかなければならない」と述べた。
 桜を見る会は毎年恒例の行事で、首相は昭恵夫人とともに出席。今年は歌舞伎俳優の市川猿之助さんや元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんら約1万8200人が出席した。

https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/20190413at21S_p.jpg
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041300342&g=pol

【2019】「衆参ダブル」「安倍続投」自民支持層は賛成多数 FNN

夜の政治
4/10(水) 19:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000564-san-pol

今月6、7両日に実施した産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査によると、夏の参院選に合わせて衆院選も行う衆参同日選(ダブル選)に関して自民党支持層では「賛成」が多かった。
自民党総裁の任期の上限を連続3期から同4期に変更して同3期目の安倍晋三首相が総裁を続投することについて賛否を問う設問でも、自民支持層の過半数が賛成と答えた。
安倍首相の下での「衆参ダブル選」実施と、安倍総裁続投の潜在的な期待がうかがえる。(豊田真由美)

 衆参同日選への賛否を問う設問で、賛成は回答者全体で42・6%、反対は40・3%とほぼ並んだ。自民支持層に限ると賛成は47・8%に上り、反対は34・2%に減った。

 年齢別にみると、安倍内閣の支持率が高い若い世代ほど同日選に肯定的で、高齢層ほど否定的な傾向が出た。10~20代では男性の54・3%、女性の58・2%が賛成と回答、30代と40代の男女も賛成が反対を上回った。
賛否の割合は50代で逆転し、60代以上になると男性の55・1%、女性の39・8%が反対と答えた。

 他の主要政党では意外にも共産党支持層も賛成が多く、自民とほぼ同じ47・1%だった。逆に、安倍政権の一員である公明党の支持層は反対が60・4%、賛成は25・0%と反対が圧倒的に多かった。

以下ソースで読んで

【10連休】「うれしくない」4割=家事も仕事も「休めない」

4/13(土) 13:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000042-jij-soci

 時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」で、ゴールデンウイークが新天皇の即位に伴い10日連続の休祝日となることについて、4割が「うれしくない」と回答したことが分かった。

 
 「とてもうれしい」9.3%、「まあうれしい」27.2%で「うれしい」の計36.5%に対し、「全くうれしくない」14.8%、「あまりうれしくない」26.2%の計41.0%が「うれしくない」と回答。「関心がない」も21.1%あった。

 「うれしくない」を年齢別に見ると、働き盛りの30歳代で46.9%、40歳代は45.9%に上った。

 うれしくない理由を複数回答で聞くと、「仕事をしていないので関係ない」が28.0%で最多。「仕事を休めそうにない」19.3%、「家事などの負担が増える」10.8%、「仕事に支障がある」9.6%が目立った。

 連続して休めそうな日数を聞くと、「10日間」が最多の32.4%だった一方、15.0%が「全く休めない(休まない)」と回答。「1日だけ」4.3%、「2~3日」18.5%とほとんど休めない人も多かった。「全く休めない」を男女別で見ると、男性9.4%に対し、女性は21.0%の高さだった。

 連休の過ごし方は、「自宅でゆっくり過ごす」が最多の64.3%。たまった家事を済ませたり、近所で買い物・映画を楽しんだりするなど近場で過ごす人が大半を占め、国内外を旅行する人は計16.2%だった。

 「今後も国が主導して長い連休をつくるべきか」との問いには、「そう思う」の29.9%に対し、「そう思わない」が66.8%だった。

 調査は全国の18歳以上の男女2000人に個別面接方式で3月8~11日に実施。有効回収率は61.2%。

以下ソースで読んで

【政局】消費増税 3度目の延期も?来月発表のGDP速報値はマイナスか 「衆参ダブル選挙」観測が急浮上 テレ東 ★2

桜田前オリンピック担当大臣の辞任による余波が続いています。 政権への逆風が強まるなか、いま、安倍総理大臣が「ある戦略」に打って出るとの見方が急浮上しているんです。 その戦略とは、消費税増税の3度目の延期、そして、衆参ダブル選挙です。

詳しくはソース内の動画をご覧下さい

4月12日(金) テレビ東京
https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_175349/

★1が立った時間 2019/04/13(土) 01:16:22.44
※前スレ
【政局】消費増税 3度目の延期も?来月発表のGDP速報値がマイナスか 「衆参ダブル選挙」観測が急浮上 テレ東
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555085782/

ローソン、「LV3.凍える辛さ!四川風麻婆丼」など禁断の刺激シリーズ4品を発売

2019年4月12日 17時27分
http://news.livedoor.com/article/detail/16307835/

 ローソンは、4月16日からローソン店舗(1万3865店:3月末現在/ローソンストア100除く)で、辛い商品を集めた「禁断の刺激」シリーズとして、世界一辛いと評されるブートジョロキア、
ハラペーニョやハバネロなど5種類の唐辛子のチリパウダーを使用した「LV3.凍える辛さ!四川風麻婆丼」、「LV1.震える辛さ!旨辛海老チリ丼」、「LV2.悶える辛さ!旨辛アラビアータ」、「LV3.凍える辛さ!辛口麻婆ラーメン」の4品を発売する。

 近年、花椒や唐辛子などを使用した激辛メニューの人気が高まっている。今回発売する「禁断の刺激」シリーズは、どのくらいの辛さなのかが一目でわかるように、辛さのレベルを商品名とパッケージに3段階で表記した。
辛さのレベルを楽しみながら好みの商品を選べるとのこと。

 「LV3.凍える辛さ!四川風麻婆丼」は、豆板醤など3つの醤を使ったコクのあるソースに、花椒と唐辛子の辛さをしっかり効かせた。激辛ながらも後引く辛さの四川風麻婆丼となっている。
世界一辛いと評されるブートジョロキア、ハラペーニョ、ハバネロなど5種類のチリを使ったパウダーをかけている。花椒を別添し、好みでさらに辛さを調整することができるという。

以下ソースで読んで

【命】犬・猫の殺処分ゼロへ 松島花さん「1人でも多くの人に現実を伝えたい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010001-sippo-life.view-000
食器棚の上から私が食事をしている様子を見るごろりん

モデルとして活躍する松島花さんは、3匹の猫と暮らしながら、保護猫や保護犬を助ける活動にも取り組んできました。期限が来ると処分されてしまう犬や猫の情報をInstagramで拡散し、引き取り先を募っています。連載6回目もテーマは「命の期限」。今回は、殺処分に焦点を当てていきます。

ごろりんがたまに見せる寂しそうな表情を見ると、東京都動物愛護センターに入るまで、ごろりんは一体どんな暮らしをして来たんだろう…とよく考えます。@teko1010さんに譲渡してもらってから6月で1年になります。時間をかけてもっともっとごろりんのことをわかってあげたいです。

【犬や猫の殺処分数、年間約4万頭】

 さて、今回も前回に引き続き「命の期限」、期限が来ると処分されてしまう犬や猫の「殺処分」について書きたいと思います。

 全国の各保健所や動物愛護センターに収容されている犬や猫たちは、毎日どのくらい殺処分されているのか皆さんは知っていますか?

 年間約4万匹(2017年度、犬、猫合わせて、病死も含みます)、1日平均すると約100匹以上の犬や猫たちが殺処分されています。

 私は以前にブログをやっていたのですが、2011年にこのブログの中で殺処分のことを取り上げました。当時に比べ、殺処分数は減ってきているものの、全国で1日あたり約100匹以上もの犬や猫が殺処分されていることに、だれも納得はしないでしょう。そんななか、SNSで犬や猫の引き取り先を探す団体や個人が増えてきました。私もその1人です。

【期限がついた犬や猫を拡散 胸がつぶれる思い】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010001-sippo-life.view-001
2匹でのハンモックがそろそろ限界なゴメズとフェスター

 私はTwitterやFacebookはやっていないので、Instagramでリポストしたりストーリーで迷子犬や迷子猫の呼びかけをしたり、応援しているボランティアさんに支援物資を送ったり、署名を募ったりしています。

 期限がついた子たちを、皆さんに呼びかけ拡散して頂き、無事期限までに命がつながる子もいれば、つながらない子もいます。そして、また次の期限が迫っている子を皆さんに呼びかけ家族を募る…この繰り返しです。

 結局本当の意味では殺処分をなくすための解決にはなっていません。毎日毎日「あぁ、この子は期限が来ちゃった…どうなったんだろう…」「この子は明日の16時半までだ!時間がない!早くリポストしなくちゃ!」と言う思いに駆られます。

 この胸が押しつぶされる思い…。

「殺処分さえなかったら…こんな思いをしなくすむのに…あぁ、どうして殺処分なんてあるんだろう」と実はいつも声に出しながら命の期限のリポストをやっています。

 ただ日本では“殺処分”と言う制度がある以上、解決にはならないとしても今はこれをやるしか目の前にいる子たちを助ける手立てはありません。

ここまで記事の3分の1
記事全文はソースを見てね
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010001-sippo-life

【氷河期】「このままでは大きな財政負担になり兼ねない」ひきこもり多い氷河期世代の「生活保護入り」阻止へ早期対応★25

https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/190411/ecd1904110600003-n1.htm

10日の政府の経済財政諮問会議で、民間議員が提言した「就職氷河期世代」の集中支援。
バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは
既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて
就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ。
民間議員の提言は、3月の前回会議で安倍晋三首相が「就職氷河期世代への対応が極めて重要」と述べ、
本格的な支援策の早急な検討を指示したことを受けたもの。厚生労働省も10日の会議で、支援強化に向けた
「就職氷河期世代就職実現総合プラン(仮称)」の策定を打ち出した。
内閣府によると、就職氷河期世代を「平成5年から16年ごろに卒業期を迎えた世代」とすると、
人口規模は30年時点で約1700万人で、このうち支援対象となるのはフリーターやパートといった
非正規社員、無職など約400万人に上る。これらの人の多くが加入しているのは国民年金とみられ、
高齢期に収入が月数万円の年金しかなくなり、そのまま生活保護へ転落することも予想される。

特に深刻なのは中高年のひきこもりだ。内閣府は3月、半年以上にわたり家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる
40~64歳の人が全国で61万3千人いるとの推計値を発表。就職活動でのつまずきがひきこもりの一因となっている
可能性も指摘されている。20代から就労経験がないまま、中高年になっても親の年金を頼りにひきこもり生活を続けた場合、
親が亡くなり年金収入が断たれてしまうと、途端に生活不能に陥ってしまう。政府にとっても生活保護の増加は
大きな財政負担となりかねない。

政府の集中プログラムでは、民間議員の提言に基づき、ハローワークや大学、経済団体などが連携する協議会を通じて
支援対象者を把握した上で、具体的な数値目標も定めて減少させていく方向だ。就職氷河期世代の正規就労が進めば、
厚生年金の加入で高齢期の所得が確保されるほか、生活保護の減少により財政が健全化。人材不足に直面する企業にとっても
就職氷河期世代が大きな戦力となり、経済成長にも寄与する。

就職氷河期世代の最年長者は50代を目前に控え、残された時間は少ない。政府の集中プログラム実行への意志が
問われることになりそうだ。

前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555117227/
1が建った時刻:2019/04/11(木) 11:20:09.08

【宗教】ローマ教皇、サッカーのメッシ選手を“神”と呼ぶのを止めるよう訴え。「それは神への冒涜だ。唯一の神だけが崇拝されるべき」★2

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190413-08066437-narinari
https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggQhZ_TiRfZuIV4OYnmG3JgQ—x450/c/cmspf/04/41/61/70/056d8392e7fb87b1e98878978f8193c2.jpg

ローマ教皇が、サッカーのリオネル・メッシ選手を“神”と呼ぶのを止めるよう訴えた。

教皇は、それが神への冒涜であり、自身はメッシを“神”とは考えないとして、サポーターたちにその言葉を使わないように呼びかけている。

スペインのテレビで、メッシが“神”とあがめられていることについて尋ねられた教皇は、「理論的に言えば、それは冒涜です。
言うべきことではありません。私はそう考えていません」と答えた。

教皇は称賛の意味で“神”という言葉が良く使われてはいるものの、メッシは“神”でないと強調し、
「人々は敬愛の意味を込めて彼を“神”と読んでいますが、唯一の神だけが崇拝されるべきなのです」
「『彼はピッチでボールを持つと“神”だ』と言うのは、自分の考えを表現するのによく使われています。
彼のプレーは見る人を楽しませてくれますが、“神”ではないのです」と続けた。

前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555114622/
1が建った時刻:2019/04/13(土) 09:17:02.39

【時事世論調査】女系・女性天皇に賛成7割★9

時事通信の4月の世論調査
2019年4月12日 15:06
https://www.excite.co.jp/news/article/Jiji_20190412X057/

 時事通信の4月の世論調査で、男系男子に限られている現在の皇位継承資格を女系・女性皇族にも広げるべきか尋ねたところ、「広げるべきだ」が69.8%だった。「広げるべきではない」は11.2%、「どちらとも言えない・分からない」は19.0%だった。

 政府は女系・女性天皇に慎重な姿勢を示しているが、回答者の約7割が女系・女性天皇を容認していることが明らかになった形だ。

 皇族数の減少対策となる女性宮家創設の賛否に関しても、「賛成」69.7%、「反対」10.3%、「どちらとも言えない・分からない」20.0%となった。
 現在の天皇陛下にどのような感情を抱いているかについては、「尊敬の念を抱いている」44.0%、「好感を抱いている」39.5%、「特に何の感情も抱いていない」15.5%などだった。

★1 2019/04/12(金) 21:51:49.42
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555073509/
★8 2019/04/13(土) 12:16:04.66
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555125364/

【政府】氷河期世代は「人生再設計第一世代」 検討会議で新たな呼称 地方への人材移動も検討 3年で半減提案も ★10

安倍首相は今年3月、就職氷河期世代にあたる30代半ばから40代の支援策を決めると発表している。4月10日に開かれた第5回経済財政諮問会議では「(就職氷河期世代を)『人生再設計第一世代』と位置付け」、今年夏までに、今後3年間で集中的な支援を行うためのプログラムを作ることが検討された。

民間議員が提出した<※1資料>では、氷河期世代をバブル崩壊後の新規学卒採用が特に厳しかった1993年~2004年頃に学校卒業期を迎えた世代と定義。浪人や留年がない場合、今年4月時点で大卒かつ37~48歳、高卒かつ33~44歳の人達が該当する。昨年時点では1700万人いて、15~64歳人口に占める割合は22.4%に上る。

■「地方での人材ニーズ、求められる職業能力に沿った能力開発」の必要性訴える

支援の具体的な内容や詳細は今後話し合われるが、会議ではハローワークや大学等が連携し、3年で対象者半数の雇用を安定化させることや、リカレント教育の情報提供、特定求職者雇用開発助成金や中途採用等支援助成金等の要件緩和が提案された。

茂木敏充経済財政政策大臣は<※2会議後の会>見で、「3年で半減」という提案について、決定ではないと否定した。ただ、今後の計画策定の中で数値目標が入る可能性は高いとも述べている。

会議では、地方への人材移動の促進も提案された。資料には就業安定化の選択肢を拡げるべきという文脈で、

「地方においては様々な産業分野でミドルマネジメントクラスの人材が不足しており、地方での人材ニーズ、求められる職業能力に沿った能力開発を合わせて講じることが重要」

と記載されている。根本匠厚生労働大臣も、農林水産業や建設業などを中心とした地方の人材不足に触れ、

「就職氷河期世代の就業安定化も重要な課題であり、一方で地方に担い手確保のニーズがあることから、これらをマッチングさせた地方での就業促進が非常に有益だ。職業訓練、就業相談、住まい等の生活環境の整備等に関する情報をワンストップで包括的に提供していくことなど、この世代の方々の意識を地方に向けていくことが一層重要だと考えている」

と述べていた。

■「本人の意思に関わらずねじ込むだけじゃん」

政府は人材移動案に前向きなようだが、ネットでは「地方で不足しているミドルマネジメントクラス人材をフリーターから3年で育てるのか」など懐疑的な見方も強い。また、毎日新聞が就労支援の重点的な分野を観光業や介護職と報じたことから、ネットでは

「介護職や地方の観光業の賃金分かって言ってる?」
「結局本人の意思に関わらず人手不足や誰もやらない仕事にねじ込むだけじゃん」

といった批判も出ている。

2019.4.12
キャリコネニュース
https://news.careerconnection.jp/?p=70112
https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/04/190412hyogakisedai.jpg

■※1関連ソース
第5回記者会見要旨:平成31年 会議結果 茂木内閣府特命担当大臣記者会見要旨
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2019/0410/interview.html

■※2資料
就職氷河期世代の人生再設計に向けて
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2019/0410/shiryo_02-1.pdf

■関連スレ
【氷河期】「このままでは大きな財政負担になり兼ねない」ひきこもり多い氷河期世代の「生活保護入り」阻止へ早期対応★19
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555046339/

★1が立った時間 2019/04/12(金) 19:15:07.45
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555128258/